先縫い〜ペアクローザー
先縫い
4.先縫い

トゥクローザーと呼ばれる自動縫製機で行う。筒に作業者が生地を差し込むと、バキュームで生地が裏返しにされる。裏返しになった生地は、オーバーロックミシンに移動し、自動縫製され、次のステップで、バキュームにて表返しされる。

股縫い 5.股縫い

ラインクローザーと呼ばれる自動縫製機で行われる。作業者が上下二段に設置されているクランプと呼ばれるU字型の装置にそれぞれ二本の生地を差し込むと自動裁断されクランプが生地を引伸ばし、自動縫製と生地の取外しの5工程を回転しながら連続で行う。

ペアクローザー 4・5.ペアクローザー

1名の作業者がラインクローザーに生地を差し込むことにより、自動的にトゥクローザーに移動しパンティ部とつま先を自動的に縫製できる。