原糸〜プリセット
1. 原糸

編立に必要な糸(原糸)を保管。ポリエステル糸・エステル糸・ナイロン糸・カバリング糸・生糸・・・等を保管

2. 編立

編立機(代表的な機械は4インチ400本)で、靴下が筒状に一本一本自動的に編立される。室内は常に室温・湿度が一定になるように管理されている。

3. プリセット

編立られたストッキングを縫製前に蒸気を当ててる事をプリセットと言う。編立られたままの生地は編目も寸法も不安定であるが、この工程を経ることにより生地を安定させ、以降の縫製・染色をやり易くする。